第48回山野ビッグバンドジャズコンテストのご報告

‪こんにちは!コンサートミストレスでアルトサックス吹きのちゅんちゅんこと堀綾夏です。‬
‪先日8月12,13日に東京国際フォーラムで開催された、学生ビッグバンドの甲子園とも言える第48回山野ビッグバンドジャズコンテスト(YBBJC)に愛知学院大学Singing All Starsも出場しました。曲目は約30年前に藤崎邦夫先生によってSinging All Starsのために書き下ろされた『水底の都』を演奏しました。
‪結果は35校の出演団体の中で13位でした!‬
‪私の感情としましては、悔しさ4・嬉しさ6くらいです‬
‪10位以上は入賞となるため、私たちは入賞、さらには去年の順位を上回ることを目標に約半年間練習を重ねてきましたが残念ながら入賞をあと一歩のところで逃してしまい、正直悔しかったです。‬
‪しかし、何が悔しさを上回るほど嬉しかったかというと、昔からジャズをやってきたわけではない、さらには大学から楽器を始めたメンバーも多数いる中で、不器用ながらもコツコツと努力を積んだ結果、入賞まであと一歩のところまでの成績を残せたことがとても嬉しかったです。‬
‪私はコンミスとして、放任主義的に練習を進めていたので、この結果は私の努力の賜物ではなく、間違いなく部員一人一人の努力の賜物です。‬
‪私たちの代や後輩たちは本当に真面目で、曲中で上手くできない所があれば原因を考え自分で工夫したり、互いに教えあったりしている姿をよく見かけます。‬
‪そのため、私が少々難しい注文をしても自分たちで練習してきてくれるので無責任に無茶振りばかりしてきました笑‬
‪また、私は、『水底の都〜堀綾夏スペシャル〜』なるものは作りたくなく、メンバー全員のセンスが詰まった曲を作りたかったため、フリーソロや各パートの見せ場など自由度の高い部分は各自各パートに任せて私はアドバイス程度のことしかしていません。‬
‪その結果、私では思い浮かばないようなアイディアをどんどん詰め込んでくれて、私自身聴いていてわくわくする曲となりました。‬
‪ですので、この13位は間違いなくメンバーの工夫と努力によるもので、私はこのことが最高に嬉しいです。もし水底の都私スペシャルになっていたら嬉しさは半減していたでしょう。ビッグバンドなど多数の人間が集まって奏でる音楽は、誰か1人だけがんばっても意味がないと考えているからです。‬
‪加えて、私は練習を進めていく上で順位よりももっと大きな目標を自分の中で立てていました。‬
‪それは「音楽に込められた感情を全身全霊で表現し、聴いている人の心に訴える演奏をする」ことです。‬
‪音楽は多種多様で一概には言えませんが、私はアマチュアの演奏する音楽においては「上手い演奏が良い演奏ということではない」と考えています。‬
‪良い演奏とは何か、だなんて定義付けできるほど単純なものではありませんが、音楽は人の心を動かすことができるという凄い力を持っています。音楽によって心を動かされた人は「良い演奏だ」と思ったりその演奏が忘れられなかったりするでしょう。そしてそれは上手い演奏でなくても実現可能なのです。‬
‪では人の心を動かすためにどうすればいいかというと、音楽を全身全霊で表現することです。‬
‪以前ふらっと中学生の吹奏楽コンクールを見に行ったのですが、私はある学校の演奏が忘れられません。その学校はずば抜けて上手いわけではありませんでしたが音楽を表現したい気持ちは大会で一番伝わってきてとても印象の強いものでした。‬
音楽を表現したい気持ちさえ充分にあれば誰でも人の心を動かすことができるのです。‬
‪私はこれを山野ビッグバンドジャズコンテストで実現して、観客の人の心に焼き付ける演奏をすると決めていました。‬
今までの練習でも何度か音楽を表現することに集中しろと言ってきました。今までの練習やリハ室での音を聴いてメンバー全員が音楽に集中していることが伝わってきて、山野本番ではそれを上回る15分間でした。私自身も自分の集中力と体力を全て本番15分に注ぎ込んで終わったあとはヘトヘト、抜け殻状態でした。笑‬
‪そしていろんな方々からご感想を頂きましたが、私たちの演奏を観客のみなさんの印象に強く残せたみたいで、目標は達成できたかと思います!私は満足です!‬
今までの山野練習にはたくさんのOBOGの先輩方が愛知学院まで脚を運んでご指導して頂きました。ここまでレベルアップできたのも先輩方のご協力無しには有り得ませんでした。たくさんのご支援、本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。‬
‪先輩方以外でも、愛知学院大学を応援してくださる皆様、そして毎日の練習に一番ご協力していただいている部員の家族の皆様にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。山野の成果を糧にこれからもより一層精進してまいりますので、暖かく見守っていただければ幸いです。いつも本当にありがとうございます。‬
‪山野ビッグバンドジャズコンテスト、最高に輝けたステージでした!‬
‪次の本番は8月24日、清浄寺矢場地蔵盆祭りでの演奏です!山野に出場していないメンバーもほぼ全員出演するのでお楽しみに!夕方のお寺で浴衣での演奏です。日本の夏の宵をジャズを聴きながら過ごしませんか?‬
‪また、9月16日,17日には金沢ジャズストリートにも出演します。金沢ジャズストリートには一流のプロアーティストに加え、山野に出場したバンド、中でも入賞バンドが多く出演するので、山野で学生ビッグバンドに興味を持っていただいた方は是非ご来場ください!‬
‪以上、ご報告でした

日進わいわいフェスティバル!

こんばんは、広報3年サックスのしぇるです(/・ω・)/

 

先週7月8日(土)に日進市民会館にて、日進わいわいフェスティバルで演奏させていただきました。

スイングのほかにも幅広い年代の出演団体さんが複数いらっしゃって、わいわいがやがや~という感じでした。

本番は演奏に集中することができたと思います。特に、何人かのお客さんがにこにこ~と聴いていらっしゃるのが見えた時は、感謝でいっぱいになりました

このイベントの関係者のみなさま、そして足をお運びいただいたお客様、ありがとうございました!

 

私たちの出演時間直前、大ホールの舞台袖で吹奏楽部さんの演奏を聴いていたら、自分が吹奏楽部だったときの大会前のドキドキを思い出しました。

吹奏楽部やジャズ部をとおしていろいろな音楽にふれてきましたが、

あるべき音楽を優先させたときの演奏が一番楽しいなと思います。

 

ところでわたくし広報担当しぇるは山野ビッグバンドジャズコンテストが終わったら長期留学へ行ってきます。

そのため留学期間はスイングの活動とともに広報のお仕事をお休みさせていただき、他の広報部員に担当してもらうことなります(@^^)/~~~

改めまして、日頃からこのHPやTwitter、FaceBookなどを読んでくださり、シェアしてくださる皆様には本当に感謝しています。ありがとうございます。

 

これからもSinging All Starsをよろしくお願いいたします。

またあう日まで(・o・)

BE HAPPY JAZZ FESTUVIVAL2017

どうも~!(^^)! 広報2年サックスのもっきーです。

 

6月10,11日に知立市民文化会館にて、Be Happy jazz festivalが行われました。

 

僕は、1年生の途中から部活に入部したので、今回が初参加でした。楽器やJazzというジャンルに触れてもうすぐ一年がたちます。

正直なところ、jazzはまだよくわかりません・・・ 

 

Be Happy で、あたりまえかもしれませんが、jazzにはいろんなジャンルがあることや、楽しさを知りました。学生バンドから、

社会人バンドまで、一人ひとり、その人だけのパフォーマンスがあり、勉強になりました。自分も楽譜に追われる生活に今はなっていますが、

自分だけのオリジナルのパフォーマンスを見つけていきたいと思いました。

 

また、同期を見ても自分より上手な方がたくさんいました。僕も、もっと上を目指していきたいと思いました。

 

以上、話それすぎてすいません。

 

出演バンドの皆様、このイベントの企画・運営の皆様、来ていただいたお客様、場を盛り上げていただいたお客様、

本当にありがとうございました。

 

次のイベントは7月2日 日曜日にて中部大学と対バンです('◇')ゞ

 場所:愛知学院大学 多目的ホールでします。 詳細はTwitter、フェイスブックに載せます。ぜひ来てください!!

 

       新体制初の集合写真

 

キャンパスパラダイス&トヨタジャズスクエア2017

お久しぶりです! 広報3年サックスのしぇるです!

二つのイベントをまとめてライブレポートさせていただきます。

 

5月27日(土)に愛知学院大学日進キャンパスにて、キャンパスパラダイスが行われました。

 

出演バンドは愛知大学BLUE STARS JAZZ ORCHESTRAさん、愛知学院大学Singing All Stars、愛知淑徳大学B&B オーケストラさん、

金城学院大学Modern Ensembleさん、中京大学New Sounds Jazz Orchestraさん、中部大学Natural Sounds Jazz Orchestraさんでした!!

 

それぞれがぶつかり合うことができて楽しかったです。多くを得ることができました!

また、参加したバンドメンバーの皆さんの友達の輪も増えたのではないかと思います。

特に合同バンドでは、それを強く思いました。

合バンはすべての出演バンドの演奏の終わった後に演奏する毎年恒例のキャンパラの企画です。

曲は数曲あり、事前に譜面が配られていて、各自で練習して当日リハーサルをして本番、というその日限りのバンドです。

 

合バン曲のリハーサルは、初対面のかたに挟まれて演奏するのが緊張しました。

私がメンバーだった曲のリハが始まる前、ほとんどの人が、隣の人と挨拶以外はほぼ口を交わすことなくリハに取り組んでいました。

その曲の最後の曲通しの前に、となりの人たちと自己紹介タイムが設けられて、お話をしたら、私もすーっと緊張がほどけて

曲の一部になったみたいに吹くことができました!どんな人が演奏してるんだろう、って知ることができると安心します。

 

遠くから足を運んでいただいた出演バンドの皆さま、そしてこのイベントを企画・運営してくださった愛知軽音楽連盟の皆さま、

そして来ていただいたお客様には感謝しかありません。ありがとうございました!!

 

 

 

この日の飲み会もほどほどに、

翌日5月28日(日)は豊田市駅周辺で行われたトヨタジャズスクエア2017に参加させていただきました。

野外ステージでお酒を飲みながら聴くことができるジャズフェスです。

 

お客様が笑顔で掛け声をくださったり、うなずいたりしているのを感じて、リラックスして演奏することができました。

中には、出番を終えた後に「Be Happy Jazz Festival(スイングが6月に出演するイベント)行くよ~!!」と直接声をかけてくださったかたもいました。

 

盛り上げてくださってありがとうございました!!

 

次のイベントは、6月10日(土)、6月11日(日)に開催されるBe Happy Jazz Festival です!

両日出演するので、よかったら来てください。

 

http://behappyjazzfes.web.fc2.com/

ブログリレー11人目!

こんにちは!20歳を迎え、最近めっきり大人っぽくなったと部内で話題の(はず)Drums2年のかちめぐです!

アンカーですよ\(・▽・)/

 

新入生の皆さん、昨日行われた新入生向け演奏会は楽しんでいただけたでしょうか?

お越しいただいた方ありがとうございました!!

さて、Singing All Stars(通称スイング)の魅力を私のつたない日本語で頑張ってお伝えしますね...

 

まず、初心者でも先輩が丁寧に教えてくださる!本当に丁寧に!私が今、こうやってドラムに打ち込めてるのは先輩のお陰です!

あと、何でも本気です!練習も遊びも全部真剣に取り組みます。だからこそ辛いし、逃げたくなることもあります。でも、親身に相談に乗ってくださる先輩や支えてくれる同期がいます。だからこそ、やっぱりスイング大好きだなあ、演奏してて楽しいなあ、幸せだなあって思えます。スイングはとってもあったかい場所です。それが私が感じるスイングの魅力かなあ(*´▽`*)

 

こんな感じで、スイングに入らなければ避けられたであろう辛いことも沢山ありますが、スイングに入らなければ出会えなかった人たち、知ることができなかった楽しいこと嬉しいこと幸せって思えることいっぱいあります。

大学生活、沢山のことを経験したい!本気で楽しみたいという貴方!

スイングへようこそ(*´-`*)

 

明後日は、待ちに待った新入生歓迎会です!1年生の皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます!!

少しでも気になった方は是非気軽にお声掛け下さい!部室にもいらして下さいね!

 

長々と失礼しました。

それでは\(・ω・)/ゴール

0 コメント